Need Help?

Faculty of International Studies

国際学部

学部長メッセージ

国際学部長 三谷 真澄

国際学部の前身は、1996年に瀬田学舎で産声を上げた国際文化学部で、2015年度より「国際学部」として京都の地に誕生しました。

この間、世界情勢は目まぐるしく変わり、従来の常識が通用しない出来事もたびたび起こっています。また、科学技術の発達によって人間の生活は便利になりましたが、社会的なつながりを喪失し、人間的なコミュニケーションの欠如から、孤独感や疎外感に悩まされる人もいます。
本学部は、2つの学科により、世界に通用するコミュニケーション能力と教養を兼ね備えた人材を育成します。外国語運用能力を含む豊かなコミュニケーション能力と教養を国際舞台で活かし、リーダーシップを発揮できる人材を育成する「グローバルスタディーズ学科」、そして、異なる文化間をつなぎ、よりよい世界の実現に向けた対話を促すファシリテータ―(促進者)を育成する「国際文化学科」。国際学部を構成する両学科の概要は次のとおりです。

グローバルスタディーズ学科(Department of Global Studies)では、グローバルなコミュニケーションツールである英語の教育を「徹底的に」行います。その目的を実現するため、2年次以降の専攻科目の80%を英語のみ、または英語と日本語の併用で行い、さらに半年以上の英語圏への留学を必修としています。また、国内初の取り組みとして、TOEIC®スコア730点以上(国際展開を図る日本企業が社員に求める一般的な英語能力の水準)を卒業の条件として設定します。さらに本学科では、外国の大学院等に進学可能な水準にまで学生の能力を伸ばすことも目標の一つにしています。
英語重視のハードかつ高度な教育水準のカリキュラムを支えているのが、学生をサポートする熱意に溢れた学科の優秀な教員陣です。ほぼ全員が博士号保持者であり、英語圏出身のネイティヴ教員はもちろん、日本人教員も全員がインターナショナルな研究歴・教育歴を有しています。「世界を舞台に活躍したい」、「英語のプロフェッショナルになりたい」といった強い意志を持つ人にとって、グローバルスタディーズ学科はその期待にしっかりと応え、密度の濃い大学生活を提供してくれるはずです。

国際文化学科(Department of Intercultural Communication)では、【世界を学び、日本を知る】、【世界と日本をつなぐ】をキーワードに、「多文化共生」、「世界と日本」、「芸術・メディア」という3つのコースを設け、自分自身の関心や将来の職業選択にあわせて学ぶことができるカリキュラムを用意しています。また、異文化理解のツールとして、11言語の中から好きなものを学ぶことができ、さらに2年次には、短長期国外留学、短期語学研修、国内外文化研修、インターンシップ等の実践的な教育プログラムの中から希望するものを選び、学生が主体的に取り組む「国際文化実践プログラム」を必修としています。これにより、修得した知識を実践することで理解を深め、自身の成長につなげることができるよう配慮しています。
こうした教育内容を支えているのが、多様な国籍からなる教員陣です。学科に所属する教員のうち、約44%が海外出身で占められており、この学科そのものが国際社会の縮図であり、異文化体験の場を提供することになります。「世界も好きだけど日本も好き」、「日本で暮らす外国人のために役立つことをしたい」、「日本の文化の素晴らしさを世界に伝えたい」。そのような希望を持つ人にとって、国際文化学科は充実した大学での学び、将来への指針を与えてくれるはずです。

長い伝統の中で培われてきた本学の建学の精神のもと、学科所定の学修を進め、近い将来、国内外で活躍される人材として羽ばたいて行かれますよう、教職員一同全力でサポートしていきます。

第7代国際学部長
三谷 真澄

Request Information

資料請求