Need Help?

Faculty of International Studies

国際学部

保護者の皆様へ

国際学部長 三谷 真澄

1639(寛永16)年以来の伝統を誇る龍谷大学で最も新しい学部の一つ「国際学部」への入学を心から歓迎いたします。大切なご子女を託していただいた本学部への信頼に応えるべく、教職員一同、誠心誠意努力して参ります。

さて、日本社会は、20年~30年前と比べ急速にグローバル化が進行しています。こうした現実に対応すべく、政府は「グローバル人材の育成」を国策として掲げ、産業界の声も取り入れながら、様々な施策を矢継ぎ早に展開し、高等教育を中心に多額の予算が投入されています。
このような社会背景を踏まえ、1996(平成8)年に開設された国際文化学部を深草キャンパスへ移転するとともに改組改称し、2015年に「国際学部」を設置しました。「国際文化学科」と、「グローバルスタディーズ学科」との2学科体制のもと、それぞれの特色を活かした教育を展開しています。なお、両学科に共通する特色として、例えば次のような事項が挙げられます。

  • 海外留学しても4年間で卒業が可能なカリキュラム
  • 海外留学時の授業料負担措置、豊富な奨学金等による留学支援体制
  • 西日本トップクラスの外国人教員比率
  • 全学規模で展開される手厚い就職支援体制
  • 就職に強い龍谷大学
  • 中学校・高等学校教諭一種免許(英語)を取得可能

以上のような特色のほか、本学国際学部が他大学の類似学部と異なる点は、「建学の精神」である仏教に基づく人間教育をベースにしているということです。単に知識や技術の修得に終始するのではなく、他者を思いやる精神と平和を希求する心、そして正しい倫理観の涵養を念頭においた人間教育を基盤としながら、活躍できる総合的なコミュニケーション能力と教養、さらには人間的な魅力を身につけさせていく。これが本学部の設置目的であり、保護者の皆様や社会に対して私たちが自らに課す重大なる使命なのです。

一方、国が求める「グローバル人材」の要素とは、
 要素Ⅰ: 語学力・コミュニケーション能力
 要素Ⅱ: 主体性・積極性、チャレンジ精神、協調性・柔軟性、責任感・使命感
 要素Ⅲ: 異文化に対する理解と日本人としてのアイデンティティー
 (「グローバル人材育成推進会議中間まとめ」(2011年6月) より)
とされています。この龍谷大学国際学部には、それを可能とするカリキュラムとそれを支える熱意のある教員、学生の気持ちに寄り添う職員がいます。

1996年の国際文化学部創設から数えて22年、産声を上げた赤ちゃんが大学を卒業する年齢となる歴史を刻んできました。比嘉正範、松井賢一、須藤護、嵩満也、ポーリンケント、久松英二の歴代学部長の意志を引き継ぎ、国際学部の躍進に向け心血を注ぐ所存であります。

第7代国際学部長
三谷 真澄

Request Information

資料請求